2020年総まとめ

2020年総まとめ

【雲乙アンソロ編】※1
2020年01月 アンソロ告知サイトオープン&告知ツイッター開始&募集開始
2020年02月 仙人万来2 告知DM配布
  │
2020年05月 参加締切
2020年06月 原稿締切
2020年08月 超仙人万来2020&ぱく旅 発行

【個人編】
2020年02月 6冊目「若竹物語」発行
2020年05月 7冊目「蓬莱島の雲乙~冬~」発行
2020年12月 7冊目「蓬莱島の雲乙~冬~」再販

【寄稿】
2020年02月 道徳真君×太乙真人アンソロジー
2020年08月 燃燈道人総受アンソロジー
2020年10月 哪吒×太乙真人アンソロジー2
2020年10月 宇髄天元×我妻善逸 個人誌

以上になります。個人誌は2冊、アンソロ1冊(主催)、寄稿4件でした。
箇条書きにすると、思っていたよりも色々挑戦していましたね。寄稿関連は1~6Pと短いものばかりだったので、そこをなんとか出来た感じです。※2
2020年は、試行錯誤の年でした。新型コロナウイルス感染症が流行してしまい、仕事でもプライベートでも感染症対策で心身ともに疲弊をしているなかの、アンソロという挑戦に自分自身の対応能力の足りなさに頭をかかえてしまい…本当に1人で完走することの大変さを身にしみました。これまで沢山の企画やアンソロ主催をしていた方々の努力は計り知れないと、尊敬の念を抱かざるを得ないです。

2020年(継続2021年)の活動を振り返り、試行錯誤の年というのは、
1.描く速度を上げる
2.新しい表現に挑戦
3.距離感の見直し

この辺を意識して描いていました。

1について…速度に関しては、SNS用に4P完結漫画の作成や、「きょうの雲乙さん」と題して2人のシチュエーション一枚絵の作成をしていました。他にもツイッタータグのお題など…実際にツイッターへ投稿はしていないお題もあるのですが、かべうちにはアップしていました。速度は上がったので目的は達成できました。これは2021年も継続しています。

2について…新しい表現というのは、自分の中での黒※3を使わないという制限でグレーの濃淡での表現を挑戦したのですが…2020.02に発行した「若竹物語」では上手く表現できたかな?と思っていたのですが…それ以降がどうも…思うような表現が出来ず、自分の中では勘案しなければいけないこと、満足がいかない結果に…こちらも2021年継続していますが、拘らず戻そうかなって思ったりもして、現在(2021.12)は選んで作成しています。漫画はとても難しい。いっぱい書き込まないと黒無しでは、辛いなと…書き込めるような技術を身に付けないといけません。

3について…SNS(ツイッター)から距離を置きました。理由は自分力を高める為です。
自分軸が弱くブレていくのが分かりました。振り回され、自分らしくいられないことへの苛立ちや不満や、自分を大切に出来ないことへの悲しみ…
誰かが悪いとかの話ではなく、自分の弱さや受け取り方の誤りからくることなので、自分を強くする為には、離れることにしました。好きな方の情報が見れない、作品が見れないのは「ときめき」「孤独」「疎外感」を感じ時には排他的なことも考えてしまいました。
でも。本来の自分の気持ちを大切にしたいし、他人をも尊重したい。
SNSの活用を見直して、今は日常の壁打ちアカウント(@blue8chan)を作り自分のその時の気持ちを書き出すことで、一歩一歩進みだしました。

完全にやめるのは負けた気がしてしまったので…自分なりの解決方法模索していきます。

※1 思うところがあり、「雲乙アンソロジー」主催しました。おかげさまで無事に発行することができました。参加された方や応援して下さった方、有難うございました。
※2 主催者各位 その節は、大変お世話になりました。
※3 メイドインアビスの作画に憧れていての挑戦でした。